A-3  PD・DC 公募情報

平成30(2018)年度 学振特別研究員(PD・DC)について、下記のとおり募集いたします。
ご確認の上、ご応募ください。

重要事項

☆従来からの変更点☆
・平成28年度から申請が完全電子化され、紙媒体での提出が廃止され、電子申請システムでのデータ送信のみとなりました。評価書についても、評価書作成者(=受入研究者)自ら、電子申請システムにログインして、Web上で内容を記載するという方式になりました。

・平成30年度から、PDの申請資格に博士の学位取得が必須となりました。詳細は<今回募集における主な変更点> をご参照ください。


手続の流れ

1.電子申請システムのID・パスワード発行依頼書(下記Excel)を提出する

※以前に発行したID・パスワードは使用できません。新規に発行依頼を行ってください。
※申請者が特別研究員として研究に従事する予定の機関で発行します。
  DC1の応募の方は、修士課程に所属していたところから応募をしますので、
  他機関の博士課程に進学する場合であっても、東工大から応募します。

2.ID・パスワードを受領する

原則として毎週木曜日〆、金曜日にメールでお送りします。

3.日本学術振興会特別研究員(PD・DC)ホームページより、「申請内容ファイル」や募集要項・作成要領をダウンロードする

日本学術振興会特別研究員(PD・DC)ホームページ

4.申請書の作成(※4月上旬より電子申請システムにて入力可能となります)

(ア) 申請者情報(電子申請システムにて入力して作成)
     学歴・研究課題等を記載したもの。

(イ) 申請内容ファイル(ダウンロードした書式を作成、電子申請システムに登録)
     現在までの研究状況・これからの研究計画・研究業績等を記載したもの。
     申請書はモノクロ(グレースケール)印刷したものが審査員に送付されます。
     印刷時に内容が不鮮明にならないよう、印刷してご確認ください。

(ウ) 評価書
     ・申請者が電子申請システム上で評価書作成依頼ボタンを押すと、
      評価者に評価者用ID・パスワードと、評価者用ログイン画面URLが通知されます。
      評価者は評価者用ID・パスワードで電子申請システムにログインし、評価書情報を入力します。

     ・申請者は評価書の内容を確認することはできません。
     ・評価者が評価書を作成し、「送信」すると、申請者のメールアドレスに通知が届きます。

※電子申請システムの操作手引はこちら
http://www-shinsei.jsps.go.jp/topyousei/download-yo.html#a2

6.申請書を送信・提出 ☆学内締切 平成29(2017)年5月17日(水)(厳守)
※5月17日を過ぎると一時的に申請書の作成が出来なくなります。

電子申請システム上で「確認完了・送信」を押して研究推進グループ宛に送信。
研究推進グループでは、書類の不備がないかどうかの確認作業を致します。         

  • 修正がない場合は、「修正なし」のメールをお送りいたします。
  •         
  • 修正点がある場合は、差し戻しを行い、申請書が作成・修正が出来る状態へ戻します。         
    また、電子申請システムに入力したメールアドレスに修正依頼のメールを送信します。         
    差し戻された申請書は、申請者が再提出を行わなければ、日本学術振興会に送付することが出来ません。
    必ず修正依頼のメールに記載された期日までに、再提出を行う様にしてください。         
    研究推進グループでは、修正版を確認し、最終的には「修正なし」のメールをお送りいたします。

  • 【注意事項】
  • 5月24日(水)を過ぎても修正の有無などの連絡が無い場合は、研究推進グループまで連絡してください。
  • 提出後に申請書の修正を希望される場合は、都度 研究推進グループにお問い合わせください。
  • 研究推進グループが、日本学術振興会へデータを送信する締切の6月1日(木)17:00までは、申請者へ修正・確認のため連絡を行う事があります。電子申請システムへ入力したメールアドレスは、定期的にメールチェックを行ってください。