A-1 令和3(2021)年度 応募者向け説明会について

令和3(2021)年度  日本学術振興会特別研究員 公募に関する学内説明会

毎年、開催しております、学内説明会(3月10日開催予定)については
新型コロナウィルス感染拡大を懸念し、
【令和3年度採用分 日本学術振興会特別研究員 応募者向け説明会】の開催を中止いたします。

日本学術振興会特別研究員  平成32(2020)年度採用分募集要項が、2月8日に公開されました。
日本学術振興会のホームページに掲載の募集要項、申請書作成要領、ならびに本ホームページの公募情報等を
確認・熟読の上、申請書を作成・提出をお願いします。

日本学術振興会特別研究員に応募を考えている方はまず、ID・PWの発行をお願いします。
ID・PWの発行の学内〆切
RPD:2020年4月9日(木)
http://www.rpd.titech.ac.jp/jsps_tokken/application/a-2.html
PD・DC1・DC2:2020年5月7日(木)
http://www.rpd.titech.ac.jp/jsps_tokken/application/a-3.html



申請時に評価書の作成が必要となります。 評価書は、指導教員や受入研究者が作成します。
PDの評価書作成者は、採用後の受入研究者と、申請者の研究を良く理解している研究者
DCの評価書作成者は、現在の学籍上の研究指導教員

評価書をお願いする先生方には、日本学術振興会特別研究員に応募する予定があり
評価書をお願いしたいと事前にご依頼してください。

説明会の資料
R3年度採用 日本学術振興会特別研究員説明会
※申請時のご参考にしてください。

説明会で講演予定だった
特別研究員の採用経験者である情報理工学院・助教の大上 雅史先生の資料
    昨年の講演資料(2020年度申請) (2020年度申請).pdf
令和3(2021)年度申請の資料は準備が出来次第、掲載する予定です。

<申請については>
RPD: A-2 RPD 公募情報
PD・DC: A-3 PD・DC公募情報

申請者情報は、申請システム上で入力して作成します。
システムが公開されるのは、PD・DCの方4月上旬、RPDの方は3月中旬ですので、それ以降に作成可能です。
申請内容ファイルは、wordファイル様式になっていて、学振のWebページからダウンロードし、作成後に電子申請システムにアップロードします。
このワード様式は、既に学振のWebページにアップされていますので、申請内容ファイルは今すぐにでも作成を開始できます。


<申請書閲覧について>
新型コロナウィルス感染拡大を懸念して、申請書閲覧サービスを中止いたします。

ご不明な点などございましたら、
研究資金助成グループ 日本学術振興会特別研究員担当までご連絡ください。
内線:7221 メール:j-fellow@jim.titech.ac.jp